顎関節症を専門とする病院とは?

顎関節症を放置していると・・・?

顎関節症というと、顎の関節に痛みが生じたり顎の関節から変な音がしたりといったイメージをお持ちの方も多いかと思います。

しかし顎関節症によって生じる症状は、それだけではありません。

顎関節症が進行すると、顎はもちろん顔が歪んできたり、頻繁に顎関節が脱臼したりして、審美性を損ねたり、日常生活に支障をきたしたりすることがあります。

また顎関節による症状は顎だけではなく、全身にも及んできます。

肩こりや首こりはもちろん、頭痛がしたり、めまいや耳鳴りが発生したり、頭や顎がしびれたりするようになるのです。

さらに症状が進行してくると、自律神経失調症になったりうつ病になったりすることもあります。

そのため顎関節症はそのまま放置しないでしっかりと治療する必要があるのです。

顎関節症の治療に適した病院

では、顎関節症と思われる症状があらわれた場合、一体何科を受診すればいいのでしょうか。

顎関節症は、口腔外科で治療をすることができます。

口腔外科というとあまりなじみがない方も多いかと思いますが、口腔外科では口の中だけではなく、顎や顔の異常についても診察・治療しています。

口腔外科の中には、外傷等を原因とする顎の変形についても治療しているところもあります。

また顎関節症というとなんとなく歯科でも治療できるようなイメージがありますが、歯科というのは歯の治療を専門的に行っている診療科であるため、顎関節症についての知識がない歯科医が多いというのが現実のようです。

顎関節症を専門とする病院とは?

顎関節症と思われる症状が出た場合には、顎関節症を専門とする病院を受診することをおすすめします。

顎関節症の治療法は、顎関節とその周辺の治療、歯の治療、保存療法の3つに分けられます。

顎関節症の原因は顎関節だけではなく歯の異常にある場合もあるため、様々な側面からアプローチをしていく必要があるのです。

顎関節症を専門とする病院では、患者様ひとりひとりの症状と状態に合わせて、様々な治療を受けることができます。

また保存療法を選択する場合でも、顎関節症の専門医の指導の下、最善の方法によってできるだけ痛みを和らげ、日常生活への支障を少なくすることができます。

そして必要がある場合にはカウンセリングをして緊張感や不安感、ストレスを和らげたり、薬物療法による対症療法を行ったりもします。

以上のように顎関節症を専門とする病院では、顎関節症に特化した治療を受け、その症状をより確実に改善していくことができるのです。

このページの先頭へ