顎関節症の専門の病院ではどんな治療をしてくれるの?

顎関節症の専門の病院では、患者様の症状や顎関節症の原因に応じて、様々な治療を行っています。

顎への治療

顎関節症になった場合、ほとんどの方はまず、保存療法から始めていきます。

最も多いのはマウスピースを装着するという方法で、マウスピースを装着することによって、顎にかかる負担を軽減させたり、顎を安定させたりすることができるのです。

またホットパックも保存療法としては有効で、顎関節やその周辺を温めることによって血行を促進したり、痛みを和らげたりすることができます。

ただし急性期で痛みがひどい場合や炎症が起こっている場合には、症状を悪化させる恐れがあるためホットパックを行うことができません。

顎関節症の専門病院ではまた、整体やマッサージによる治療を受けることもできます。

整体では顎関節のずれを直したり咀嚼筋の調整をしたりすることができますし、口を開閉する際に動く顎の関節や筋肉の軌道を修正することもできます。

またマッサージをすると、顎関節周りの凝り固まった筋肉をほぐし、全身症状を和らげることもできます。

そしてこれらの治療を行っても症状が改善しない場合には、手術療法が検討されることになります。

手術療法においては関節腔洗浄療法を行ったり、関節鏡手術を行ったりして、顎関節症の根本的な治療を行っていきます。

歯の治療

顎関節症は、歯の異常が原因となって発症する場合もあります。

虫歯など歯に異常が発生している場合、食事等の際にはどうしてもそこを避けてしまうため、顎にかかる力のバランスが崩れ、顎関節症になってしまう場合があるのです。

そこで歯の疾患が原因で顎関節症を発症している場合には、歯の治療をしていくことになります。

具体的には虫歯の治療をしたり、歯を削ったり高くしたりしてかみ合わせの調整をしたりします。

歯の疾患が原因となって顎関節症になっている場合、放置しているとどんどん症状が酷くなってしまいますので、できるだけ早期に治療を開始する必要があります。

その他の治療

顎関節症になると、顎だけではなく全身に様々な症状があらわれます。

そのため顎関節症の専門の病院では、痛みどめを処方したり、筋弛緩剤を処方したり、マッサージをしたりするなどして、全身症状を和らげる治療もおこなわれています。

また顎関節症になるとそれが原因となってうつ病や不眠症を発症してしまうこともあるため、必要がある場合にはメンタル面の治療も行うことがあります。

このページの先頭へ