顎関節症とは?

顎関節症とは

顎関節症とは、何らかの原因で顎の関節やその周辺の組織の機能が低下したり、痛みを感じたりする病気のことをいいます。

顎関節症は、ごく軽いものであれば放っておいても自然に治癒してしまうことがあります。

しかし症状が重くなったり症状がどんどん進行していったりすると、口が開かなくなるなど、日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

顎関節症の症状

顎関節症になると、顎に症状が出るのはもちろん、時には全身症状が出ることがあります。

  • 顎の症状

まず顎の症状についてですが、顎関節症になると、顎の筋肉に痛みを感じたり、顎にしこりができたりします。

また口を動かした際に顎関節に痛みを感じたり、顎の関節からクリック音や雑音がしたり、顎関節に炎症が起こったりすることもあります。

さらに症状が進行してくると、顎関節の動きに異常が見られたり顎関節を脱臼してしまったりします。

顎関節症患者の中には、顎が変形してしまったり、顎や顔が歪んでしまったりする方もいらっしゃいます。

  • 全身の症状

次に顎関節症によって起こる全身症状についてです。

顎関節症になると、肩こりや首こり、頭痛、偏頭痛、めまい、耳鳴りといった症状が出ることがあります。

また症状が進行してくると、不眠症になったり、話しづらくなったり、うつ病になったり、嚥下障害が出たりというように、日常生活に支障をきたすような症状があらわれるようになります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は、大きく3つに分けることができます。

素因、発症因子、持続因子です。

素因とは、顎関節症を発症しやすくする因子のことをいいます。

具体的には、顎の関節が未成熟であることや、不適切な歯科治療を受けていたことなどが挙げられます。

発症因子とは、顎関節症を発症するきっかけとなった因子のことをいいます。

具体的には、外傷や噛み合わせの悪さなどがこれにあたります。

持続因子とは、顎関節症の症状を長引かせている因子のことをいいます。

顎に悪い癖を持っていたり、姿勢が悪かったり、精神的なストレスを抱えていたりすると、顎関節症がなかなか治らず、症状を長引かせてしまいます。

顎関節症は、顎の治療はもちろん、時に歯の治療をすることによって症状を改善することができる場合もあります。

顎関節症を放置しているとただ単に顎関節に障害が発生するだけではなく様々な全身症状が出て日常生活に支障が出るようになってしまうこともありますので、気になる症状がある方は顎関節症の専門病院を受診されることをおすすめします。

このページの先頭へ