頭痛の症状とは?

ひとくちに頭痛と言っても、そのタイプによって、実に様々な症状を呈します。

症候性頭痛

症候性頭痛とは、脳などに何らかの疾患が発生していることが原因となって生じる頭痛のことをいいます。

具体的には、脳腫瘍や脳梗塞、くも膜下出血などがこれにあたります。

症候性頭痛の場合、その症状は原因となる疾病によって様々なので、我慢できる程度の頭痛が続くこともあれば、いきなり頭をバットで殴られたかのような強烈な痛みを感じることもあります。

また、なんとなく頭が締め付けられるように感じる場合もあります。

頭痛もちの方の場合、ちょっとした頭痛であれば「またいつもの頭痛だろう」と放置しがちですが、実は頭痛の陰には命にかかわるような病気が潜んでいることがあるのです。

慢性頭痛

慢性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分けることができます。

そしてどのタイプの頭痛かによって、その症状も変わってきます。

  • 片頭痛

片頭痛は、頭の片側がズキン、ズキンと痛みます。

その痛みは、脈に合わせるようにして発生するという特徴があります。

患者様の中には、痛みのせいで動けなくなったり、痛みのピーク時に吐き気を感じたりする方もいらっしゃいます。

また片頭痛が発生する前には、視野が欠けたり、生あくびが出たり、閃輝暗点がしたりといったような前兆があらわれることもあります。

  • 緊張型頭痛

緊張型頭痛の場合、頭がギューっと締め付けられるような感覚に襲われます。

最初のうちは頭に圧迫感を感じる程度ですが、その症状が長く続くと首こりや肩こりが発生するようになります。

また人によっては、後頭部を中心として左右対称に痛みが発生することもあります。

緊張型頭痛による痛みは、長期間ダラダラ続くという特徴があります。

  • 群発頭痛

群発頭痛の場合、かなり強烈な痛みが発生します。

その痛みは、一定期間、毎日同じ時間に発生する傾向にあります。

また痛みが発生する場所ですが、頭の片側どちらかか、目の奥の方になります。

痛みが継続するのは1時間から2時間程度ですが、一定期間中、この痛みは毎日のように発生します。

さらに群発頭痛には、涙目や目の充血、鼻水、自律神経失調症を伴う場合があります。

群発頭痛が発生する直前には、目がかすんだり、首が張ったりすることもあります。

さらにこの他にも慢性頭痛には、頭や顔面の末梢神経がチクチクと痛む頭部神経痛や髄液が低下したために発生する低髄液圧性頭痛、特定の動作をしたことが原因となって発生する労作性頭痛などもあります。

このページの先頭へ