頭痛の専門の病院で治療すればどのくらいまで症状を良くできるの?

辛い頭痛に悩まされている方にとって、現在の症状をどのくらいまで良くすることができるのかということは、非常に重要な問題です。

頭痛の症状がどのくらいまで良くなるのかは、どのような治療を行うかということや、何が原因で頭痛が発生しているのかということによって、変わってきます。

症候性頭痛

脳や身体の病気が原因となって頭痛が発生している場合、頭痛を解消するためにはその疾病を治療していかなければなりません。

そして、頭痛の専門病院で治療を受けた場合にどのくらいまで症状を良くすることができるのかは、何が原因で頭痛が発生しているのかということや、その病気がどの程度進行しているのかによって変わってきます。

例えばくも膜下出血が原因となって頭痛が発生している場合、仮に治療をして命が助かり頭痛が改善されたとしても、何らかの後遺症を残してしまうことがあります。

もちろん病気の進行具合によっては、ほとんど後遺症を残さず、そして頭痛を改善することも可能です。

慢性頭痛

慢性頭痛は、基本的に薬物療法によって治療を行っていきます。

アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬、トリプタン製剤といった薬を使って、頭痛の症状を改善していくのです。

これらの薬を服用すると、その時の頭痛を解消することはできます。

ただし上記の薬はあくまでもその場だけ痛みを抑える薬であるため、薬の効果が切れれば再び頭痛が発生しますし頭痛自体を根治することはできません。

また頭痛の専門病院では、β遮断薬やカルシウム拮抗薬を用いて、頭痛の発生を予防する治療も行っています(予防療法)。

慢性頭痛患者の中には急性期治療薬を服用しても頭痛が改善されない方がいらっしゃいます。

そういった方は予防療法を行うことによって、頭痛を発生させないようにし、症状を良くしていくことができるのです。

薬を上手く活用すると、頭痛をかなり良くすることができます。

頭痛の専門病院ではまた、頭痛の記録をつけたり患者様自身の姿勢や生活等の改善を指導したりといった治療も行っています。

この治療ではどのようなリズムで頭痛が発生しているのか、そしてそれを改善するためには何に気を付ければいいのかということをしっかりと解明したうえで生活の改善を行っていくため、頭痛を根本的に解消することができます。

この治療を受けた患者様の中には、根気強く生活の改善をすることによって頭痛薬が不必要なくらいにまで症状を改善することができたという方もいらっしゃいます。

このページの先頭へ