頭痛の専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になる頭痛の治療費

頭痛は、専門の病院で本格的な治療を受けることによって、その症状をかなり改善することができます。

ただいくら辛い頭痛を解消できるとはいえ、とても支払えないような治療費がかかるというのでは、治療に専念することができません。

では、頭痛の専門病院で治療を受けると、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか。

頭痛の専門病院で治療を受けた場合にかかる費用は、その治療方法によって変わってきます。

薬物療法にかかる治療費

頭痛の治療は、基本的に薬物療法によって行われます。

そして薬物療法を受けるにあたっては、初回の診察にかかる初診料が2,000円程度、薬を処方するための処方箋料が数百円程度、薬代が数千円程度かかってきます。

また治療方針を立てるためにMRI検査やCT検査、血液検査等を行った場合、検査費用が別途4,000円から15,000円程度かかってきます。

そして薬物療法は基本的に頭痛が発生する限りは続けていく必要がありますので、通院の度に、再診料と処方箋料、そして薬代がかかってくることになります。

非薬物療法にかかる治療法

薬物療法を行っても頭痛が改善されない場合、リラクゼーションや催眠療法、認知行動療法、バイオフィードバック等の行動療法を行っていきます。

そして行動療法を行う場合、2,000円から4,000円程度の治療費がかかります。

また鍼や経皮的電気刺激などの理学療法を受ける場合、数百円から5,000円程度の費用がかかってきます。

頭痛誘発因子除去治療にかかる治療費

頭痛の専門病院では、患者に対する教育を行ったり頭痛の記録をつけたりするという治療も行っています。

慢性頭痛は姿勢の悪さやストレス、睡眠不足、疲れ、偏った食生活など、様々な生活習慣が原因となって発生することがあります。

頭痛誘発因子除去治療では、患者の生活スタイルや頭痛を誘発する癖を改善することによって、頭痛になりにくい体質作りをし、根治させていきます。

この治療には健康保険を使うことができますので、治療にかかる費用は1,000円から3,000円程度となっています。

症候性頭痛の治療費

症候性頭痛の場合、その原因となっている疾患を治療しなければなりません。

そして治療にかかる費用は、どのような病気を治療するのかによって変わってきます。

症候性頭痛の原因疾患には入院や手術を必要とするものもありますので、そういった場合には10万円以上の治療費が必要になってきます。

このページの先頭へ