頭痛とは?

頭痛とは

頭痛とは読んで字のごとく、「頭が痛い」状態のことをいいます。

ただひとくちに頭痛と言っても痛みの感じ方や症状は多岐にわたり、頭の一部分に痛みを感じる場合もあれば、頭を金槌でたたかれているかのような激痛を感じる場合もありますし、痛みというよりも頭を締め付けられているような感覚に襲われる場合もあります。

そして頭痛が起こる原因も、脳や全身にある何らかの疾患であることもあれば、ストレスや緊張、不安等が原因となっている場合もあります。

頭痛のタイプ

  • 慢性頭痛

慢性頭痛とは偏頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛などのことをいいます。

このタイプの頭痛は慢性的に症状があらわれるため、慢性頭痛に悩まされている方のことを俗に「頭痛もち」と呼んだりすることもあります。

慢性頭痛の場合、痛みを感じる部分や痛みの程度は、その人によって実に様々です。

また普段はあまり頭痛を感じないのに、天候が悪くなると症状があらわれる、といった方もいらっしゃいます。

  • 症候性頭痛

症候性頭痛とは、脳の病気をはじめとする様々な病気が原因となって発生する頭痛のことをいいます。

症候性頭痛の原因には、脳腫瘍やくも膜下出血、脳梗塞といった命にかかわるような病気もあります。

また命にかかわるような病気ではないものの、副鼻腔炎や側頭動脈炎、髄膜炎等に罹患していても、頭痛症状があらわれることがあります。

そして症候性頭痛の症状ですが、原因となる疾患によって変わってきます。

例えばくも膜下出血を原因とする頭痛の場合、その痛みはまるで金槌で頭を殴られているかのように激しいものなのだそうです。

これに対して副鼻腔炎が原因で頭痛が発生している場合、頭が締め付けられるように感じたり、頭に鈍痛を感じたりするようになります。

  • 生体反応としての頭痛

我々人間は、特に何の疾病に罹患していなくても、頭痛を感じることがあります。

具体的には、お酒を飲みすぎた翌日(いわゆる二日酔いのことです)や冷たいものを一度にたくさん食べた時などがこれにあたります。

こういった時に感じる頭痛のことを、生体反応としての頭痛と言います。

このタイプの頭痛はいわば生きている以上感じて当然の頭痛で、病気ではないため特に治療をする必要もありません。

以上のように頭痛には、様々なタイプのものがあります。

そしてその原因によっては、命にかかわるような恐ろしい頭痛もあります。

そこでもしも頭痛が出た場合には、自己判断をするのではなく直ちに頭痛の専門病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ