腱鞘炎を専門とする病院とは?

腱鞘炎は何科にかかればいい?

指がバネのように動いたり、動かしにくかったり、関節に痛みを感じたりといったような、腱鞘炎が疑われる症状があらわれた場合、専門の病院を受診して適切な治療を受ける必要があります。

では、腱鞘炎が疑われる場合、一体何科を受診すればいいのでしょうか?

腱鞘炎になった場合は通常、整形外科を受診することになります。

患部に違和感を覚えたり、痛みを感じたりした場合には整形外科を受診してください。

腱鞘炎を専門とする病院とは?

整形外科において腱鞘炎の治療ができることはわかりましたが、では、その中でも特に腱鞘炎を専門とする病院とは一体どういったところなのでしょうか。

一般的な整形外科というのは、体の関節や筋肉、骨等に関する治療を行う診療科です。

そして整形外科の中には、腱鞘炎の治療を専門的に行っている病院も数多く存在するのです。

また一般の整形外科分野に属する病気一般の診療を行いながらも、それとは別に腱鞘炎専門外来を設けているところもあります。

腱鞘炎の治療においてはまず、病変部をとにかく安静にし、できるだけ負担をかけないようにする必要があります。

また患部が腫れていたり炎症が発生していたりする場合には、患部を冷やしたり、消炎鎮痛剤が投与されたりすることもあります。

患部を安静にしておくことによって、大半の方は1週間から2週間程度で症状を改善することができます。

しかしあまりに症状が重い場合や関節の動きに支障が出ている場合には、注射療法や手術療法が選択されることもあります。

そのため、腱鞘炎の治療においては、どのタイミングで注射療法や手術を行うのかといった判断がとても大切になってきます。

この点、腱鞘炎の治療を専門的に行っている病院にはこれまで数多くの症例にあたってきた経験豊富な医師が在籍しておりますので、どのタイミングでどういった治療を行うべきなのかということについて、的確な判断をしてもらうことができます。

また、腱鞘炎の治療のためには、日常生活において様々な点に注意したり、腱が固まってしまわないようにリハビリをしたりする必要があるのですが、腱鞘炎の専門の病院であれば、こういったことに関する指導を受けることも可能です。

以上のように腱鞘炎の専門の病院においては、専門的で的確な治療を受けられ、より確実に、そしてより早期に腱鞘炎を改善することができるのです。

ですので、腱鞘炎が疑われるような症状があらわれた場合には、直ちに腱鞘炎の専門の病院を受診されることをおすすめします。

このページの先頭へ