腱鞘炎はどうして専門の病院で治療する必要があるの?

腱鞘炎は専門の病院で治療しよう

腱鞘炎になると、指や手の関節が動かしにくくなったり、酷い痛みを感じたりするようになり、場合によっては、仕事はもちろん、日常生活にも支障をきたすようになります。

そのため腱鞘炎と思われるような症状があらわれた場合には、できるだけ早く整形外科を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

そして病院を受診するにあたっては、一般の整形外科ではなく、腱鞘炎の治療を専門的に行っている病院を受診されることをおすすめします。

もちろん一般の整形外科においても腱鞘炎の治療をしてもらうことは可能なのですが、一般の整形外科を受診した場合、まずは保存療法をして、それでも治らなければ注射をして、それでも治らなければ手術を検討して・・・、といったように、いわゆる教科書通りの治療が行われることになります。

これに対して腱鞘炎の専門の病院を受診した場合、そこには腱鞘炎に関する豊富な知識と経験を持つ専門医が在籍しておりますので、専門医による的確な診断のもと、その患者様にとってベストな治療を受けることができるのです。

そのため腱鞘炎の専門の病院を受診すれば、一般の整形外科を受診するよりもより確実に、そして早期に腱鞘炎の症状を改善することができます。

腱鞘炎を専門の病院で治療するメリット

腱鞘炎を専門の病院で治療することには、様々なメリットが存在します。

そして中でも特筆すべきなのが、高い技術を持つ専門医によって、一発で腱鞘炎の症状を改善してもらえる可能性がある、ということです。

一般に腱鞘炎の治療は保存療法から開始されるのですが、専門的な病院では、炎症が酷い場合や症状が重篤な場合には、始めから注射療法が行われることになります。

この注射療法とは腱と腱鞘との間に少量のステロイドを注入することによって腱と腱鞘との摩擦を軽減する治療法なのですが、腱と腱鞘の間にピンポイントでステロイドを注入するのには、大変な技術が要求されます。

この点、腱鞘炎の専門の病院に在籍している専門医というのは、これまで数多くの症例にあたり注射療法も沢山行ってきておりますので、より確実な施術をして、辛い腱鞘炎の症状を改善することができるのです。

実際腱鞘炎の専門病院を受診した患者様の中には、これまで何か月も腱鞘炎の症状に悩まされてきたのに、たった1度の注射で辛い症状が全くなくなってしまった、という方もいらっしゃるようです。

このページの先頭へ