腱鞘炎の専門の病院で治療すればどのくらいまで症状を良くできるの?

腱鞘炎になると、関節の動きが制限されたり、酷い痛みを感じたりするようになります。

そのため腱鞘炎を発症してしまった患者様にとって自分の症状をどのくらいまで良くすることができるのかということは、非常に重要な問題ではないかと思います。

腱鞘炎の専門の病院で治療すればどのくらいまで症状を良くできるのかということは、どういった治療を受けるかによって変わってきます。

保存療法の場合

保存療法によって腱鞘炎の治療を行う場合、患部にテーピングを施してとにかく安静を心がけます。

それと同時に、痛みや腫れが発生している場合には、消炎鎮痛剤を服用したり湿布薬を貼ったりといった対症療法を行っていきます。

そしてこういった治療を行った場合、比較的症状が軽ければ、ほとんどの患者様は、症状をほぼ完全に解消することができます。

注射療法の場合

注射療法においては、腱と腱鞘との間にステロイド薬を注射することによって、そこに生じている摩擦を解消していきます。

そしてこの注射療法を行った場合、上手くいけば1回の治療によって、腱鞘炎を完全に治療することが可能です。

ただし注射療法によって腱鞘炎を治療するためには、腱と腱鞘の間にピンポイントで薬剤を注入する必要があります。

これには非常に高い技術が要求されますので、注射療法を受けるにあたっては必ず、高い技術と経験を持つ専門医が在籍している、腱鞘炎の専門の病院を受診されることをおすすめします。

手術療法の場合

腱鞘炎の治療において手術が選択されることは非常に稀ですが、腱鞘炎が慢性化していたりあまりに酷い痛みが発生していたりするような場合には、手術が必要になります。

腱鞘炎の手術においては、腱鞘を切り開くことによって腱と腱鞘との摩擦を解消していきます。

そもそも腱鞘炎というのが腱と腱鞘が摩擦されることによって発症する病気ですので、手術によってこの摩擦を解消すると、腱鞘炎による症状を完全に治すことが可能です。

 

以上のように、どの治療法を選択したとしても、きちんと治療をしさえすれば腱鞘炎はほぼ完全に治すことが可能です。

ただし腱鞘炎というのは一度治療すれば二度と発症することがない病気ではなく、むしろ再発しやすい病気であると言えます。

そのため患者様自身においても、同じ部分を酷使しないように気を付けるなど、これまでの習慣を改善していくことが大切です。

このページの先頭へ