腰痛はどうして専門の病院で治療する必要があるの?

腰痛を専門病院で治療した方がいい理由

ここ数年で、腰痛の治療を専門的に行っている病院の数がかなり増えてきました。

総合病院の中には、「腰痛専門外来」を設置しているところもありますし、街のクリニックの中には腰痛患者のみを専門的に治療しているところもあります。

では、腰痛はどうして専門の病院で治療しなければならないのでしょうか。

一般の整形外科における治療では、ダメなのでしょうか。

ここでは、腰痛を専門の病院で治療しなければならない理由についてご説明させていただきます。

ひとくちに腰痛といっても、その種類は実に様々です。

急性腰痛症や慢性腰痛症、椎間板ヘルニア、変形性腰痛症、脊椎分離症、すべり症、脊柱管狭窄症、といったように、腰痛が発生する原因には筋肉由来のものや脊椎由来のものなど、色々な要素があります。

また内臓疾患やメンタル的な問題が原因となって腰痛が発生することもあります。

そのため腰痛の治療を行うにあたっては、一体何が原因で腰痛が発生しているのかということを突き詰める必要があります。

ところが腰痛を訴えて一般の整形外科を受診しても、教科書通りの問診とレントゲン検査との結果から考えられる病名がつけられ、その病名に対応した治療なり、リハビリなりをしてもらうだけです。

腰痛の原因を突き詰めるには腰の筋肉や神経、椎間板等の状態をしっかりと診る必要があるのですが、レントゲン検査では骨の状態しか確認することができません。

つまり一般の整形外科では、腰痛を治療する大前提である『診断』を正確にできない可能性があるのです。

これに対して腰痛専門の病院の場合、脊椎の状態を正確に把握するためにMRIやCTといった装置がきちんと用意されています。

そしてMRI検査やCT検査をすることによって腰の状態を正確に把握し、正しい診断を下すことができるのです。

専門病院ならば専門医に診てもらえる

また腰痛専門の病院には、日本脊椎脊髄病学会に認定された指導医や専門医等が在籍しており、彼らは日ごろから脊椎・脊髄病に関する様々な研究を行っています。

そのため豊富な知識と経験を持って患者様と向き合い、腰の状態を見極めながら最も適切な治療方針を立ててくれるというわけです。

さらに腰痛専門病院では、レーザー手術や海外から導入した医療機器を用いたリハビリなど、最先端の治療を受けることもできます。

日本には昔から「餅は餅屋」ということわざがありますがまさにその通りで、腰痛の治療はやはり、腰痛の治療を専門的に行っている病院で受けるのがベストである、ということなのです。

このページの先頭へ