腰痛の専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になる治療費

腰痛治療専門の病院では、患者様一人一人の症状に合わせて適切な治療を行うことによって、着実にその症状を改善していくことができます。

ただ腰痛というのは治療を始めてすぐに改善されるというものではないため、症状が改善されるためにはある程度の時間を要します。

そしてそれに伴って増えてくるのが、治療にかかる“費用”です。

特に腰痛治療“専門病院”ともなると、かなりの費用がかかってしまうのではないか、と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

では、腰痛の専門病院で腰の治療をすると、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

専門病院における治療にかかる費用

実は腰痛の専門病院であろうと一般の整形外科であろうと、治療にかかる費用というのはほとんど変わりません。

というのもわが国には健康保険制度がありますので、保険適用内の診療を受ける限りにおいては、どの病院で治療を受けたとしてもその費用に大きな違いは出ないのです。

ちなみに腰痛を訴えて専門病院を受診した場合、まず必要になってくるのは初診料になります。

またその日のうちに理学療法や注射による治療を行う場合には、別途そのための料金が必要になります。

ただこれらの治療というのは全て保険を使うことができますので、全ての治療を受けたとしても、必要になるのはせいぜい3,000円から5,000円程度といったところでしょうか。

ちなみに理学療法によって治療をしていく場合、1回の施術にかかる費用というのは500円程度であるようです。

また症状によっては腰のMRIやCT検査をする必要があることがありますが、この場合には検査料金が10,000円程度かかってきます。

さらに湿布薬や痛み止め等の内服薬が処方された場合、薬代が別途必要になります。

そして手術を受ける場合、入院が必要になるためある程度の費用がかかります。

ただし健康保険には高額医療費に関する様々な制度が用意されておりますので、毎月の負担は多くても10万円程度にしかなりません。

保険適用外の治療を受ける場合の費用

これに対して保険を使うことができない治療を受ける場合には、治療にかかる費用の全額を負担しなければなりません。

そのため保険適用内での治療と比べると、かなり高額な費用がかかってくることになります。

例えば椎間板ヘルニアのレーザー手術(PLDD)を受ける場合、その費用はおよそ40万円程度になります。

 

以上のように腰痛の治療には保険を使えるものと使えないものとがあり、どちらの治療法を選択するのかによって治療にかかる費用も大きく変わってきます。

このページの先頭へ