腰痛の専門の病院ではどんな治療をしてくれるの?

腰痛の専門病院では、患者様一人一人の症状に合わせて、様々な治療が行われています。

脊椎ドック

腰痛の治療を行うにあたって最も重要なのは、腰の状態をしっかりと検査し、正しい診断をするということです。

そしてそのためにとても有効なのが、脊椎ドックです。

一般の整形外科で行われているレントゲン検査では、骨の状態を確認することしかできません。

この点脊椎ドックでは、脊椎のMRI検査やCT検査等を行い、筋肉や神経、脊椎の状態をしっかりと確認することができます。

そのため腰の状態を正確に把握して診断し、適切な治療指針を立てることができるのです。

薬物療法

腰痛の治療において最も多く行われているのが、薬物療法です。

薬物療法では腰の痛みを鎮めるための消炎鎮痛剤や腰の筋肉の緊張をとるための筋弛緩剤、傷ついた神経の回復を促す作用がある薬剤等が処方されます。

また患者様によっては、骨粗しょう症の治療を同時に行っていく場合もあります。

装具療法

装具療法とは、腰にコルセットを装着して固定することによって、症状の回復を促す治療法です。

コルセットを装着すると腰がしっかりとするため症状の悪化を防ぐことができるのですが、長時間装着したままでいると腰周りの筋力が低下してしまうため、装着期間には注意が必要です。

ブロック療法

腰痛の専門病院では、腰痛を根治するための治療はもちろん、“痛みをとる”ための治療もおこなわれています。

そして痛みをとるにあたって大変有効なのが、ブロック療法です。

椎間板ヘルニアなど、脊椎において神経が圧迫されていることが原因で下肢に強烈な痛みが生じている場合、ステロイドホルモンや局所麻酔を神経根や脊柱管内に注射することによって、注射した部分から下の痛みを文字通り“ブロック”することができるのです。

手術療法

上記のような治療を行っても症状が改善されない場合、手術療法を行うことになります。

手術療法には様々な種類があり、病変部を切開して手術する場合もあれば、背中に小さな穴をあけて内視鏡を挿入し、手術する場合もあります。

また腰痛の専門病院の中には、メスを使わない、レーザー手術を行っているところもあります。

レーザー手術は保険適用外であるため費用は少々高くなりますが、体にメスを入れない分回復が早く、多くの患者様がレーザー手術を選択されています。

 

以上のように腰痛の専門病院では、精密な検査を行ったうえで、その症状に合わせて様々な治療が行われているのです。

このページの先頭へ