肩こりの専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

肩こりを発症してしまうと、肩や頸が重く感じたり、背中が張ったり、上肢の痛みや頭痛が発生したりというように、とてもつらい症状があらわれてきます。

そのため肩こりの専門の病院で治療を受けたいという方も多いかと思いますが、ここで気になるのが、肩こりの専門の病院で治療を受けた場合、どのくらいの費用がかかるのかということでしょう。

保存療法にかかる費用

肩こりの専門病院において受けられる治療には、基本的に健康保険を適用することができます。

そして、保存療法を行う場合、まずは初診時に1,000円から2,000円程度の診察料がかかる他は、湿布薬や消炎鎮痛剤が処方された場合には、その薬代がかかってきます。

またカウンセリングを受ける場合には別途、カウンセリング費用がかかります。

薬物療法にかかる費用

薬物療法による治療を行う場合、診察代とは別に、薬代がかかります。

どういった薬を処方してもらうかにもよりますが、ロキソニンやボルタレンといった一般的な消炎鎮痛剤の場合、1か月分で1,000円~2,000円程度になります。

また湿布薬に関しても、同じくらいの費用がかかります。

理学療法にかかる費用

理学療法とは、いわゆるリハビリのことです。

器械を使って首の牽引をしたり、温熱療法や電気療法を行ったり、理学療法士によるマッサージを行ったりしていくのです。

この治療法によって肩こりを治療する場合、1回あたり数百円程度の費用がかかります。

注射療法にかかる費用

肩こりの専門病院やペインクリニックにおいては、注射療法による治療を受けることができます。

そして注射にかかる費用ですが、痛みが発生している部分に鎮痛剤やステロイド剤を注射する場合には、1,000円程度の費用がかかります。

これに対して神経ブロック注射を行う場合には、一般的には2,000円から3,000円程度の費用、もしくは、高ければ5,000円程度の費用がかかってきます。

手術療法にかかる費用

手術療法による治療を受ける場合、保険適用ができるかどうかによってその治療費が大きく変わってきます。

保険を適用できる治療の場合、その治療費は10万円程度になります。

これに対して保険を適用することができない手術を受ける場合、例えばレーザー手術を受けるような場合には、全額自己負担となってしまいます。

そのため病院によって手術料金は多少異なりますが、30万円から50万円程度の費用がかかることになります。

このページの先頭へ