肩こりの専門の病院ではどんな治療をしてくれるの?

ひとくちに肩こりといっても、その原因や症状も様々です。

肩こりの専門の病院では、肩こりの原因等に合った治療を受けることができます。

ここでは、肩こりの治療を専門とする病院で受けることができる治療法についてご紹介させていただきます。

保存療法

肩こりの症状を訴えて専門病院を受診した場合、まずは保存療法が行われることになります。

保存療法においてはまず、痺れや痛みが発生している部分を安静にし、痛みがひどい場合には消炎鎮痛剤を服用したり湿布薬を貼ったりしながら様子を見ていきます。

肩こりの多くは筋肉の疲労や過緊張が原因となって発症しておりますので、しばらく安静にしておくことによって肩こりの症状をやわらげることができる場合もあるのです。

薬物療法

肩こりの専門の病院では、薬物療法による治療もおこなわれています。

痛みや炎症が発生している場合には消炎鎮痛剤を処方したり、湿布薬を貼ったりしますし、頸や肩の筋肉に緊張がみられる場合には、筋弛緩剤を服用したり注射したりします。

また神経症状が出ている場合には、神経の修復をサポートする作用があるビタミン剤が処方されることもあります。

理学療法

理学療法においては、理学療法士による様々な治療を行います。

装具療法においては、カラーと呼ばれる装具を着用して頸椎や肩にかかる負担を軽減し、肩こりを改善していくとともに痛み等を少しずつやわらげていきます。

牽引療法においては、機械で首を引っ張ったり肩を引っ張ったりして首の骨や肩の筋肉の負担を軽減し、これによって筋肉の緊張や痛みを軽減していきます。

またこの他にも整形外科の理学療法においては、運動療法を行ったり、電気をあてて痛みを取ったり、温熱療法を行ったりというように、様々な治療が行われています。

注射療法

注射療法においては、麻酔薬の一種を神経に直接注射することによって痛みをブロックする神経ブロック注射が行われたり、硬膜外ブロック注射が行われたりします。

また局所麻酔を施したり、ステロイド剤や鎮痛剤を患部に注射したりすることもあります。

注射療法は整形外科ではもちろん、ペインクリニックや神経外科等でも受けることができます。

ペインクリニックの中には肩こり専門外来を設け、肩こりによる体の痛みに悩む方々の治療を行っているところもあります。

手術療法

肩こりは時に、頸椎ヘルニアなど、頸椎やその周辺の組織に問題があるために発症することがあります。

そしてこういった場合、手術による治療が必要となることもあります。

手術をすると肩こりの原因を取り除くことができるため、症状の根治を期待することができます。

このページの先頭へ