肩こりとは?

肩こりとは

誰でも一度くらいは経験したことがある「肩こり」ですが、そもそも肩こりとはどういったものなのでしょうか。

肩こりとは、後頭部から肩や肩甲部にかけての筋肉が緊張していたり、その緊張によって不快感や痛み、だるさ、鈍痛などを覚えたりする状態のことをいいます。

この肩こりは我が国において「国民病」と言われることもあり、厚生労働省が行った調査によると、男性の1000人に58人が、女性の1000人に123人が肩こりであるということがわかっています。

経験がある方であればお分かりかと思いますが、肩こりを患うと、ただ単に肩に不快感を覚えるだけにとどまらず、頭痛や顔面痛、上肢痛が発生したりすることもあります。

肩こりの原因

我々日本人の多くを悩ませている肩こりですが、そもそも肩こりの原因は何なのでしょうか。

実は肩こりはいくつかに分類することができ、その類型によって原因も異なってきます。

  • 筋肉疲労による肩こり

このタイプの肩こりは、筋肉の疲れが原因で発生します。

また筋肉が疲れた時だけではなく、過剰に緊張した場合にも、肩こりになってしまうことがあります。

筋肉に過度の負担がかかったり疲労したりすると、その部分の血行が悪くなってしまいます。

そうすると血行障害に陥った筋肉が硬くなり、肩こりになってしまうというわけです。

  • 頸の骨やその周辺組織の問題による肩こり

肩こりは、頸の骨やその周辺の組織に問題がある場合にも発生します。

頸の周辺には様々な神経や大きな血管が密集しているのですが、これらの組織に何らかの問題があると、肩こりを発症してしまいます。

また頸周りが原因で肩こりを発症した場合、肩こりだけではなく手のしびれや感覚の鈍化といった症状があらわれることもあります。

  • 歯や顎の問題による肩こり

歯のかみ合わせが悪かったり、顎関節症を患っていたりする場合にも、それが原因となって肩こりを発症してしまうことがあります。

歯や顎は食べ物を咀嚼したり会話をしたりするなど日常生活において頻繁に使う組織であるため、ここに異常が発生していると首の筋肉に少しずつ負担がかかってきます。

そしてその負担が積み重なった結果、肩こりを発症してしまうというわけです。

さらにこれらの他にも肩こりは、頸部や胸のあたりにある臓器に何らかの問題がある場合にも発生することがあります。

こうして見てみると、肩こりには実に様々な原因があるのです。

たかが肩こりと侮ることなく、一度専門病院で見てもらうというのもいいかもしれません。

このページの先頭へ