痛風にはどんな専門の病院があるの?

ひとくちに痛風の専門病院と言っても、そこに在籍している痛風の専門医によって、様々な特色があります。

ここでは、痛風にはどんな専門の病院があるのかということについてご紹介させていただきます。

食事療法に力を入れている病院

痛風の専門の病院の中には、食事療法を積極的に行っている病院があります。

そもそも痛風というのは、体内のプリン体から生成された尿酸が血中に増えて結晶化することが原因となって発症する病気です。

そしていわば尿酸の“もと”となるプリン体は、その多くが食事によって摂取されます。

そのため痛風の治療においては、日頃の食生活を見直してプリン体の摂取量を制限する、食事療法が重要になってくるのです。

この点、痛風の専門の病院では、痛風の専門医による食事療法を受けることができます。

医師の指導の下、肉類や海老、牛肉などプリン体が多く含まれる食品をできるだけ摂取しないようにするとともに、緑黄色野菜や根菜類、海藻類などの尿酸を結晶化させにくくする食品等を積極的に摂取することによって、痛風の症状を改善していくことができるのです。

痛風の専門病院の中には医師や栄養士による痛風患者のための食事療法講座が定期的に開催されているところもありますので、こういった講座に参加すると痛風に関する深い知識を得ることができます。

運動療法を行う病院

痛風治療においては、運動療法を行うことも効果的です。

適度な運動は生活習慣病の改善や減量、ストレス解消に大変効果的であるため、痛風の専門の病院の中には、患者に対して日頃から運動をするよう指導するところもあるのです。

痛風患者の中には、運動をすることによって尿酸値が上がり、逆に症状を悪化させてしまう方もいらっしゃいます。

この点、痛風の専門病院では患者様ひとりひとりの体の状態を見極めたうえで適切な指導をしてくれますので、安心して運動療法を行うことができます。

薬物療法に力を入れている病院

痛風は、薬物療法によって治療することもできます。

そのため痛風の専門の病院の中には、薬物療法に力を入れているところもあります。

痛風患者は大きく3タイプに分類することができるのですが、患者様がどのタイプに属するのかということによって、どういった薬を処方するのかということが変わってきます。

この点、痛風の専門の病院であれば患者様がどのタイプに属するのかということを的確に見極めたうえで、ベストな組み合わせの治療薬を処方してもらうことができるのです。

このページの先頭へ