痔を専門とする病院とは?

痔は何科にかかればいい?

痔になった場合、あるいは痔と思われる症状があらわれた場合、一体何科にかかればいいのでしょうか。

痔というと「肛門科」というイメージがありますが、肛門科というのは“いかにも”という感じがして、皆さんどうにも足が向かないことと思います。

特に女性の場合、肛門科を受診されること自体に抵抗感があるという方も多いかと思います。

実は痔は、肛門科以外にも、消化器外科や一般外科で診察・治療してもらうことができます。

「痔なのにどうして外科なの?」と思われる方も多いかと思いますが、そもそも肛門科というのは消化器官である肛門やその周辺組織の手術を行っている外科の一分野であり、肛門科の医師というのは、基本的に外科医と言えます。

そのため痔は、消化器外科や一般外科でも診療してもらうことができるというわけです。

実際、消化器外科や一般外科の中には、痔の治療を専門的に行っているところも数多く存在します。

痔に悩まされている方の中には、かかりつけの内科等に相談される方もいらっしゃいます。

もちろん内科においても痔の診察をしてもらうことは可能ですが、軟膏が処方される程度で本格的な治療を行うとなると、やはり痔の専門病院にかかる必要があります。

様々な痔の専門病院

  • 薬物療法を中心に治療する病院

痔は、軟膏を塗ったりするなど薬を使いながら、同時に、生活習慣を改善したり、排便習慣を改善したりすることによって治すことが可能です。

ですので、痔の専門の病院の中には、このように薬物治療を中心に行っているところが多くあります。

痔の専門の病院には痔に関する豊富な知識と経験を有する専門医が在籍しておりますので、患者様の状態を見極めたうえでベストな治療薬を選択し、これを使用することによってより早く、そして負担なく痔を治療することができます。

  • 手術を得意とする病院

痔の専門の病院の中には、手術療法を得意とする病院もあります。

症状が軽いうちは薬物療法でも構わないのですが、ある程度症状が進行してきたり、痔瘻になってしまったりした場合には、手術による治療が必要になります。

ただ肛門というのは排便をする際に使用するとても大切な器官であるため、どのタイミングで手術をするのかという適切な判断をしてもらうことはもちろん、高い技術による手術をしてもらう必要があります。

この点、痔の専門の病院においては、高い技術を持った専門医による手術を受けることができるため、辛い痔を確実に治療することが可能です。

このページの先頭へ