痔の症状とは?

ひとくちに痔と言っても実は大きく三種類に分けることができます。

そしてどういったタイプの痔を発症するかによって、あらわれる症状も変わってきます。

イボ痔

  • 内核痔

内核痔の場合、痔核ができたからといって痛みが出ることはほとんどありません。

しかし直腸内では確実に痔核が成長しているため、排便時に出血したり、肛門から痔核が脱出したりするようになります。

また内核痔を発症した当初は痔核が脱出したとしても指で押せば元に戻りますが、症状が進行してくると、指で押しても脱出した痔核が戻らなくなってしまいます。

  • 外核痔

外核痔の場合、肛門の歯状線よりも外側に痔核ができるため、腫れたり、激しい痛みを感じたりします。

ただし内核痔の場合ように、排便時に出血するということはほとんどありません。

切れ痔

切れ痔になると、排便時、肛門の皮膚が切れている部分に激し痛みを感じます。

また排便によって傷口が開き、その部分から出血することもあります。

そしてこの痛みや出血は、排便をしてからしばらくの間続くことが多いようです。

便秘が続いていたり、便の水分量が少なかったりすると硬い便が出て裂肛が進んでいくのですが、これが毎回毎回続いていると、切れたり裂けたりした部分が治ることなく、どんどん傷口が深くなっていきます。

そうすると切れ痔の部分に炎症が発生してポリープや潰瘍ができて、肛門が狭くなってしまうこともあります(肛門狭窄)。

痔瘻

肛門の歯状線にあるくぼみの部分に大腸菌等の細菌類が感染すると、その部分が化膿して膿がたまってしまうことがあります。

そして化膿がどんどん酷くなるとこの膿がトンネルを作るように皮膚を突き破り、膿が排出されてしまうのです。

そのため痔瘻になると、肛門の周囲にある皮膚から膿が排出され、その部分の辺りが腫れます。

また多くの場合この腫れには痛みを伴い、時には発熱してしまうこともあります。

痔瘻になると皮膚から膿が出てくるため、膿で下着を汚してしまう方も多いようです。

 

以上のように、痔になると、そのタイプによって様々な症状があらわれてきます。

痔というのは病変が発生している場所が場所であるためギリギリまで病院を受診することをためらう方が多いのですが、早期に治療を開始することによって症状を悪化させないで済みます。

痔の専門の病院では患者様ひとりひとりに合わせた治療を受けることができますので、気になる症状があるという方は早目に病院を受診されることをおすすめします。

このページの先頭へ