痔の専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になる治療費

痔は放置しておくと症状がどんどん重篤化して、最悪の場合には排便が困難になってしまうこともあります。

そのためできるだけ早い段階で痔の専門病院で治療を受ける必要があるのですが、ここで一つ、気になることがあります。

それは、痔の専門の病院で治療を受ける場合、どのくらいの費用がかかるのかということです。

実は痔の治療にかかる費用というのは、どういった治療法を選択するのかによって大きく変わってきます。

薬物療法の場合

まずは、薬物療法による治療を受ける場合についてです。

この場合、治療にかかる費用は初診料と薬の処方料、そして薬代ということになります。

全てを併せても、5,000円程度も見ておけば十分でしょう。

ただし血液検査やその他の検査を行った場合には、別途検査費用がかかってきます。

注射療法の場合

注射療法によって痔の治療を行う場合も、治療にかかる費用は薬物療法の時とさほど変わりません。

診察料に加え、注射をするためにかかる費用が必要になります。

具体的な金額がどのくらいになるのかということはどういった薬を使用するのかによっても変わってきますが、5,000円から10,000円も見ておけば十分でしょう。

また注射療法の場合には注射をした翌日や1週間後など、定期的に診察を受ける必要がありますので、その際には診察料が必要になってきます。

手術療法の場合

最後に、手術療法による治療を受ける場合についてです。

痔の手術を受ける場合、一般的には20,000円から40,000円程度の費用がかかります。

また最近はほとんどの手術を日帰りですることができますので、入院費が必要になるということもありません。

もちろん、レーザーによる治療を受ける場合にも保険を適用することができますので、治療費はやはり20,000円から40,000円程度となります。

ただし手術を受けるにあたっては、心電図や腹部エコー、胸部レントゲン写真、採血といった術前検査を受ける必要があります。

そしてこの術前検査には、概ね10,000円程度の費用がかかります。

また少し大がかりな手術になったり症状がかなり重かったりする場合には入院をする必要があり、入院をするとベッド代や食事代といった費用も掛かってきます。

 

以上で、痔の専門の病院で治療する際の費用を見てきましたが、痔はれっきとした病気ですので、いずれの治療方法でも健康保険を使って治療を受けることができます。

そのためそこまで治療費が高くなるということはありませんので、気楽に専門病院を受診してみてください。

このページの先頭へ