痔とは?

痔とは

痔とは、肛門やその周辺に発生する病気のことをいいます。

痔になると痛みはもちろん様々な障害があらわれてくるため、気になる症状があらわれた際にはできるだけ早く治療をする必要があります。

ただひとくちに痔と言っても、実は大きく3種類に分けることができます。

イボ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)です。

ここでは、それぞれの痔についてご紹介させていただきます。

様々な種類の痔

  • イボ痔(痔核)

イボ痔とは、肛門を閉じる役割を果たしているクッション部分が膨らんでしまうタイプの痔です。

肛門は、直腸の下や肛門にある静脈等によって閉じられているのですが、この部分がうっ血するとプクッと膨らんでしまうのです(内核痔)。

この内核痔は進行すると痔核が肛門から脱出し、指で押し戻しても戻らなくなってしまいます。

またイボ痔には外核痔と呼ばれるものもあり、肛門の歯状線よりも外側に、血豆のような痔核ができてしまいます。

ちなみにこの外核痔は、下痢や便秘、辛いものの食べすぎ、アルコールの摂りすぎ、長時間に及ぶ座位などが原因となって発症します。

  • 切れ痔(裂肛)

切れ痔とは、肛門部分の皮膚(粘膜)が割けたり切れたりする状態のことをいいます。

頑固な便秘などによって便の水分量が減って硬くなっていると、これを排出する際に肛門の皮膚が切れてしまいます。

もちろん一度や二度切れたくらいではすぐに治癒してしまうのですが、いつも便秘ばかりしていると、いつも肛門の皮膚が切れた状態になり、切れ痔となってしまうのです。

切れ痔を発症すると、排便時に耐えがたい激痛が走ります。

また切れ痔を繰り返していると、肛門の裂け目(切れ)がどんどん深くなって、肛門自体が狭くなってしまうこともあります(肛門狭窄)。

  • あな痔(痔瘻)

あな痔とは、肛門の歯状線のくぼみなどに大腸菌をはじめとする様々な菌が感染した場合に発症する痔です。

通常はばい菌が入ったとしても体に本来備わっている免疫機能によってこれを排出することができるのですが、疲れていたり抵抗力が落ちていたりすると、この部分に炎症が発生し、化膿して膿がたまってきます。

そうすると肛門周囲膿瘍を起こし、これを繰り返しているうちに膿が皮膚を突き破って流れ出てきてしまうのです。

あな痔を発症すると時には発熱症状が出る場合もありますので、しっかりと休養して体力を回復するとともに、適切な治療を受けることが重要になります。

このページの先頭へ