不妊を専門とする病院とは?

年齢とともに難しくなる不妊治療

通常の夫婦生活を送っていて妊娠する確率、つまり自然妊娠率は、年齢とともに徐々に低下してきます。

25歳の女性の場合、その自然妊娠率は25パーセントから30パーセント程度なのですが、これが35歳になると18パーセント、40歳になると5パーセント、そして45歳になると、1パーセントにまで低下してしまうのです。

上記のデータからも、不妊治療はできるだけ早期に開始したほうがいいということがよくわかるかと思います。

そして不妊治療を受けるにあたっては、不妊治療を専門的に行っている病院を選択することをおすすめします。

不妊を専門とする病院とは?

では、不妊治療を専門とする病院とは一体どういったところなのでしょうか。

一般に、産婦人科やレディースクリニックでは妊娠してから出産までのケアを行っています。

これに対して不妊治療を専門とする病院では、妊娠してからはもちろん、妊娠する“まで”のケアも行っているのです。

不妊治療を行うにあたっては、何が原因で不妊になってしまっているのかということを究明しなければなりません。

そしてそのためには、卵管疎通性検査や頸管粘液検査、フーナーテスト、黄体ホルモン測定、プロラクチン測定、抗精子抗体・自己抗体検査等をしなければなりません。

また男性も、精液検査やホルモン検査をする必要があります。

不妊治療を専門的に行っている病院ではこういった一連の検査をしたうえで不妊の原因を特定し、それに即した治療を受けることができるのです。

不妊治療専門病院にも色々な種類が

上記で不妊治療を専門とする病院についてご紹介させていただきましたが、不妊治療専門病院には、様々な種類があります。

というのも不妊治療にはタイミング法や過排卵刺激、腹腔鏡検査・手術、体外受精といったように、その段階に応じて様々な治療法があります。

そして不妊治療専門病院の中には、腹腔鏡検査・手術を得意としているところもあれば、体外受精を得意としており、これを専門的に行っているところもあります。

また不妊治療を行っている病院では、定期的に体外受精に関する説明会が行われていたり、不妊に悩む方を対象としたカウンセリングが実施されていたりするところもあります。

以上のようにひとくちに不妊治療専門病院といっても、その種類は様々ですので、不妊治療を受けるにあたってはその病院がどのような治療法を得意としているのか、あるいはどのようなサービスが提供されているのかということを予め調べておくことをおすすめします。

このページの先頭へ