不妊の専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になる治療費

最近は医療技術が進歩していることもあり、不妊治療をすることによって妊娠確率を上げることができるようになりました。

ただ不妊治療というと、何かとお金がかかるというイメージがあります。

実際不妊治療は、その治療法によっては保険が適用されず、全額自己負担となってしまうことも多くあります。

具多的には人工授精や顕微授精、体外受精などがこれにあたります。

妊娠するためとはいえ治療にかけることができる費用というのは限られていますので、不妊治療を受けるにあたってどのくらいの費用がかかるのかということは非常に重要な問題です。

不妊治療を受ける際にかかる費用の目安

では、不妊治療を受けるにあたっては具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここでは、それぞれの治療法にかかる費用についてご紹介させていただきます。

まず検査についてですが、ホルモン検査やクラミジア検査、卵胞チェックに関しては、3,000円から10,000円程度で受けることができます。

また子宮卵管造影検査は、15,000円から20,000円程度で受けることができます。

そしてこれらの検査に関しては、保険を適用できる場合があります。

これに対して卵巣年齢検査や不育症検査、精液検査などは全額自己負担となり、それぞれ5,000円~20,000円程度の検査費用がかかります。

次に不妊治療にかかる費用についてですが、不妊治療に関するカウンセリングは、5,000円程度で受けられます。

そして人工授精をする場合、1回あたりの費用は20,000円程度になります。

また体外受精をする場合には、1回あたり200,000円から500,000程度の費用がかかり、受精胚を移植するにあたっては、さらに100,000円程度の費用がかかります。

補助制度を利用しよう

一時期は「不妊治療には1000万円位のお金がかかる」などといわれていた時期もありましたが、さすがにそういったことはなくてもやはり不妊治療にはかなりの費用がかかってきます。

しかし最近は、少子化対策の一環として国や地方自治体による様々な補助制度も設けられています。

こういった制度を利用すれば体外受精や顕微授精にかかる費用を補助してもらうことができますので、本格的に不妊治療を受けたいという方は、こういった制度を上手に利用されることをおすすめします。

不妊治療専門病院の中には補助制度に関する説明会を開催しているところもありますので、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ