不妊とは?

不妊とは

ここ数年、不妊に悩まされる方が増えており、様々な不妊治療も開発されてきています。

では、「不妊」とは具体的にどういった状態のことをいうのでしょうか。

ここでは、不妊について詳しく解説させていただきます。

結婚してから二年が経過しても自然妊娠をしない場合、その夫婦は不妊であるといえます。

ただひとくちに不妊といってもその種類や程度は様々ですし、夫側に原因がある場合もあれば、妻側に原因がある場合もあります。

もちろん、夫婦双方に原因があるという場合もあります。

不妊治療をするにあたっては、できるだけ早く不妊の原因を究明し、その原因に即した治療をしていく必要があります。

不妊の種類

不妊は、男性側に原因があるのか、女性側に原因があるのかといった観点から分類することができます。

そして男性側、女性側の不妊にはそれぞれに様々な原因が存在します。

  • 男性側の原因

男性側の不妊の原因としてはまず、精子の異常が挙げられます。

男性が無精子症や精子が少ない乏精子症、奇形精子症、精子無力症などである場合、不妊になってしまうことがあるのです。

またED(勃起不全)であるなど性交に関して何らかの障害があるという場合にも、不妊になってしまいます。

  • 女性側の原因

女性側の不妊の原因としてはまず、排卵障害が挙げられます。

高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣、間脳下垂体性排卵障害、卵巣性排卵障害などによって正常に排卵が行われていないと、妊娠することができないのです。

また卵管が狭窄していたり、癒着、閉鎖している場合や卵管水腫があったりする場合にも、妊娠をすることができません。

さらに子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮の発育不全、子宮腔内癒着、子宮の先天奇形といった子宮体部の疾患や、子宮内膜症やチョコレート嚢胞、子宮頸管の異常などがある場合にも、不妊となってしまいます。

そしてこの他にも不妊の女性側の原因としては、黄体機能不全や精子に対して抗体が反応する免疫性の不妊など、様々な要素があります。

不妊治療は専門病院で

以上でご紹介させていただいたように、ひとくちに「不妊」といっても、その原因や種類は実に様々です。

そのため不妊治療をするにあたってはまず、豊富な知識と経験を有する医師による診察や検査を受け、不妊の原因を特定する必要があります。

不妊治療を専門とする病院には不妊治療のための機材等もそろっておりますので、不妊に関する悩みを抱えている方は、できるだけ早く専門病院を受診されることをおすすめします。

このページの先頭へ