めまいの症状とは?

ひとくちにめまいといっても、実に様々な症状があります。

回転性めまい

回転性のめまいとはその名の通り、目の前がグルグルと回転しているかのように見える症状のことをいいます。

自分自身が回っているように感じることもあれば、周囲がグルグルと回っているように感じることもあります。

また人によっては、目の前のものが上下左右にゆらゆらと流れていくように感じる場合もあります。

回転性のめまいは、メニエール病や突発性難聴、前庭神経炎、中耳炎、椎骨脳底動脈循環不全、小脳や脳幹の出血等が原因となって発症します。

動揺性めまい

動揺性めまいとは、頭がぐらぐらと揺れているように感じたり、体がふらふらするように感じたりする症状のことをいいます。

動揺性のめまいでは、実際にふらついてしまって真っすぐ歩けなくなることもあります。

動揺性のめまいは、薬物や聴神経腫瘍、脳幹梗塞、小脳梗塞、脊髄小脳変性症などが原因となって発症します。

またメニエール病をはじめとする回転性のめまいを呈する病気に罹患した場合でも、動揺性のめまいが同時に起こることがあります。

浮動性めまい

浮動性のめまいとは、まるで地に足がついていないように体がフワフワとしているような感じがする症状のことを言います。

人によって表現方法は様々ですが、「船に乗っている時のような感じがする」と言う方や「体が宙に浮いているような感じがする」と言う方が多いようです。

また体がフワフワと浮いたような感じがするというところまではいかないまでも、頭がフワフワとする感じがすることもあります。

頭がフワフワするように感じるのは浮動性めまいの初期症状で、これが酷くなってくると、体が浮いているような感覚におそわれるようになります。

浮動性のめまいはその原因となっている疾患を特定するのが困難であるため、気になる症状が続く場合には自己判断をせず、めまいの専門病院を受診して検査をしてもらうことをおすすめします。

立ちくらみ

立ちくらみとはその名の通り、急に立ち上がった際にクラっとしたり、長時間立ちっぱなしの状態が続くと目の前が真っ暗になってしまったりする症状のことをいいます。

この立ちくらみは、子どもにもみられることがあります。

立ちくらみの原因としては、低血圧が挙げられます。

体質的に低血圧な人はもちろん、脳動脈硬化症や高血圧症を患っている方も急激に血圧が低下することがあるため、立ちくらみに注意する必要があります。

このページの先頭へ