めまいの専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になるめまいの治療費

最近は、めまいの治療を専門とする病院が増え、これまでなかなか改善することができなかっためまいの症状でも、専門的な治療を受けることでかなり改善することができるようになってきました。

ただそうなってくると気になるのが、治療にかかる費用です。

いくらめまいを治すためとはいえ、とても支払えないような治療費がかかるというのでは費用のことが気になってとても治療に専念することができません。

では、めまいの専門の病院で治療を受ける場合、どのくらいの治療費が必要になるのでしょうか。

めまいの検査にかかる費用

めまいの治療をするにあたってはまず、検査を行わなければなりません。

めまいの原因には様々な要素があるため、症状を確実に改善するためには何が原因でめまいが起こっているのかということを、検査を行うことによって解明する必要があるのです。

そしてそのためには、ある程度の費用がかかります。

もちろん簡単な問診だけの場合は1,000円から2,000円程度で済みますが、MRIをとったり眼振検査をしたり、聴力検査をしたり、体平衡機能検査をしたりするとなると、10,000円から15,000円程度の費用が必要となります。

めまいの治療にかかる費用

めまいの原因が判明したら、いよいよめまいの治療をしていくことになります。

検査の結果薬物療法で治療をしていくということになった場合、治療にかかる費用は受診する度にかかる診察料と薬を出してもらうための処方箋料、そして薬代になります。

どのような薬を処方してもらうのかによっても変わってはきますが、5,000円も見ておけば十分でしょう。

また耳石の位置を調整する理学療法やバランス感覚を養う平衡訓練も保険診療内の治療ですので、そこまで高い治療費はかかりません。

安ければ数百円、高くとも2,000円程度でしょう。

これに対して手術療法を受けるという場合、数日間から数週間の入院が必要となりますので、ある程度の治療費が必要となります。

ただしめまいの治療のための手術には健康保険を使うことができますので、何日入院したとしても、毎月一定額までしか治療費はかかりません。

それを超えた分については後日払い戻しをしてもらったり、予め手続きをしておくことで一定額のみの支払いで入院・手術を受けることができます。

どのような治療を受けるにしても、めまいの治療は基本的に健康保険を使うことができますので治療費のことはあまり心配せず、治療に専念なさってください。

このページの先頭へ