めまいとは?

めまいの症状

めまいは、その種類によって実に様々な症状を呈します。

回転性のめまいの場合は自分自身がグルグルとまわっているかのような感じになったり、周りがグルグルとまわっているかのような感じになったりします。

そしてそれに伴って音が聞こえにくくなったり、耳に違和感が出たりすることもあります。

また不動性のめまいの場合、フワフワと体が浮いているような感じになったり、真っ直ぐ歩けなくなったりします。

そして不動性のめまいには、頭痛や手足のしびれ等を伴うことがあります。

さらにこの他にもめまいの症状には、立ち上がった際にクラっとしたり、目の前が暗くなったり、失神したりといったものもあります。

めまいの原因

上記のように様々な症状を呈するめまいですが、めまいは耳の異常や脳の異常、血圧の異常など様々なことが原因で発症します。

耳の異常とは三半規管に耳石が入り込んでしまう良性発作性頭痛めまい症や内耳の中の内リンパという液体が増えすぎるメニエール病、前庭神経に炎症が起こる前庭神経炎、髄液が漏れる外リンパ瘻、中耳炎などのことを言います。

脳の異常とは、脳梗塞や脳出血、脳の血流が悪くなる椎骨脳底動脈循環不全、脳の聴神経部分にできた腫瘍などのことを言います。

そしてこの他にも、血圧が急激に変わって脳の血液量が不安定になった場合や、ストレスや不安を抱えている場合にも、めまいが起こることがあります。

めまいの治療法

症状が酷い場合にはそのせいで日常生活に支障をきたしてしまうこともあるめまいですが、めまいの治療法は、実に様々です。

例えば薬物療法によってめまいの症状を改善していく場合には抗めまい薬を服用することによって症状を軽快させたり、循環改善薬を服用して血流を改善し、めまいの原因を解消していったりします。

まためまいを原因とする吐き気や嘔吐がある場合には、吐き気止めが処方されます。

さらにこの他にもめまいの治療法には、外科的治療法や理学療法、並行訓練など、実に様々なものがあります。

めまいの治療はその方法の選択を誤ると、症状を改善するどころかさらに悪化させてしまうこともあります。

めまいの治療においては、綿密な検査によってその原因を確定し、その原因に即した適切な治療を行っていくことが何よりも重要です。

めまいを専門とする病院では精密な検査はもちろん、様々な治療法の中から患者様ひとりひとりに適した治療を受けることができます。

めまいに悩まされている方は一度、めまいの専門病院を受診してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ