うつ病の専門の病院へどのくらい通院すれば治るの?

気になる治療期間

うつ病は、骨折や風邪のようにどこがどうなったから完治、という定義が非常に困難な病気です。

またうつ病の治療中は、良くなったり悪くなったりを繰り返す傾向にあります。

そのためうつ病の治療にかかる期間は、人によってかなり長期間に及ぶ場合もあります。

治療期間が長くなるということは肉体的にはもちろん精神的な負担も増えてくるということですので、うつ病の専門の病院へどのくらい通院すればうつ病が治るのかということは、患者様はもちろん患者様を支えているご家族にとっても非常に興味深いところではないかと思います。

うつ病は気長に治療していくことが大切です

うつ病の専門の病院へどのくらい通院すれば治るのかということについてですが、これは一概に申し上げることができません。

というのもひとくちにうつ病と言ってもその症状や程度は実に様々で、休学や休職をして静養をすることによって、2、3か月で症状を改善される方もいれば、3年以上治療に通っていてもなかなか症状が良くならないという方もいらっしゃいます。

また患者様の中には、何度も自殺未遂を繰り返すため入院をして本格的な治療を行う必要がある方も少なからず存在します。

つまりどのくらいの期間通院すればうつ病の症状を良くすることができるかということは、ほとんど予想をたてることができないということになるのです。

ただしうつ病の専門の病院に在籍している医師はこれまで様々な症例に当たっておりますので、患者様の状態を診察したり話を聞いたりすることによって、どのくらいで症状が良くできるのかといった“治療のめど”を立てることは可能です。

そしてうつ病の治療において何よりも大切なのは、気長に治療を続けるということです。

うつ病は精神的要素が強く関与する病気ですので、治療には相当程度の時間を要します。

また「早く治さなければ」と焦れば焦るほど、そのこと自体がストレスとなって、うつ病をさらに悪化させてしまうこともあります。

最近は様々な薬が開発されてきており、薬を正しく飲むことによって精神状態をコントロールし、うつ病と上手に付き合いながら社会生活を営んでおられる方も沢山いらっしゃいます。

うつ病は正しい治療を受けることによって上手に付き合っていくことができる病気ですので、気になる症状がある方や自分がうつ病なのではないかと不安に思われている方は、ぜひ一度うつ病の専門の病院を受診してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ