うつ病の専門の病院で治療すればどのくらいまで症状を良くできるの?

うつ病は、本人にとってはもちろん、その本人を支えている周りの人にとっても大変つらい病気です。

そのためうつ病の専門の病院でこれを治療した場合に、どのくらいまで症状を良くできるのかということは、非常に気になる問題かと思います。

では、実際のところ、うつ病の症状はどのくらいまで良くしていくことができるのでしょうか?

かなり改善できる場合も

うつ病と思われる症状を訴えて専門病院を受診すると、多くの場合においてはまず、休養を取ることと十分な睡眠をとることを指導されます。

うつ病患者の脳や身体は過度の疲労状態にあるため、まずは脳と体をゆっくりと休める必要があるのです。

そしてこの治療を行った場合、一定数の患者様は特に薬を服用したりカウンセリングを受けたりしなくても、症状をかなり改善することに成功しています。

うつ病の中には比較的軽度のものも多くあるため、治療のためと割り切ってしっかりと休養することによって、うつ病による症状を改善できる場合があるのです。

また少し重い症状が出ている場合にも、薬を服用することによってその症状を改善できる場合があります。

もちろん治療中は薬によって精神状態をコントロールしたり睡眠をとったりするのですが、徐々に患者さん自身や周りの人の意識を少しずつ変えていくことを同時に行い、薬の量を減らしていって、最終的には薬を服用しなくても大丈夫な状態にまで持っていくことができるのです。

もちろん全ての患者様が上記のようにうつ病の症状を完全に克服できるわけではありませんが、カウンセリングや行動療法、薬物療法等を上手く組み合わせて治療していくことによって、うつ病の症状を少しずつ軽快させていくことは十分に可能です。

一生付き合っていくことも覚悟しよう

うつ病は、「こうなったから治った」という定義が非常に困難な病気です。

また一定期間薬を服用しなくても正常な状態を保っていられたとしても、何かの拍子にうつ病を再発してしまうこともあります。

そして残念ながら、様々な治療を行ってもうつ病の症状を改善することができない方も、少なからず存在します。

ただしそういった場合にも、薬を正しく服用することによって精神的・身体的状態をコントロールし、うつ病と上手く付き合っていくことは十分に可能です。

うつ病の専門病院ではうつ病との上手な付き合い方についても指導してもらえますので、気になる症状がある方は気軽に受診してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ