うつ病の専門の病院で治療するとどのくらいの費用がかかるの?

気になる治療費

うつ病は、診断や治療法の選択が非常に難しい病気です。

またうつ病が悪化してくると強い自殺願望が芽生え、場合によっては実際に行動に出て命を落としてしまう可能性もあります。

そのためうつ病と思われる症状があらわれた場合には、直ちにうつ病の専門の病院を受診し、適切な治療を受ける必要があります。

ただうつ病の治療を受けるにあたって、皆さん誰もが気になることがあるかと思います。

それは、どのくらいの治療費がかかるのかということです。

うつ病は治療期間が長期に及ぶことが多い病気であるため、治療にどのくらいの費用がかかるのかということは患者様にとってもご家族にとっても、非常に重要な問題かと思います。

うつ病の治療にかかる費用

うつ病はれっきとした病気であるため、健康保険を使って治療を受けることができます。

そして具体的な治療費についてですが、1回あたりの診察料が2,000円程度、薬が処方された場合には、別途薬代がかかってくることになります。

また病院の診察料は再診料となりますと少し安くなりますので、2回目以降受診される際は、初めて病院を受診したときよりも負担が軽くなります。

様々な制度を利用しよう

うつ病の治療はかなり長期間にわたる可能性もあるため、国や地方自治体ではうつ病の治療をしている人をサポートするための制度が色々と設けられています。

それが、自立支援制度です。

自立支援制度とはその名の通り患者さんの自立を支援するための制度で、一定所得以下の世帯においては、その所得額に応じて、1か月あたりの治療負担費が0円、2,500円、5,000円までと3つに分かれており、これ以上を支払う必要はありません。

また中間所得層の方に関しても、医療保険の自己負担限度額までしか医療費を支払わなくていいという制度があります。

そして一定所得以上の方に関しても、うつ病の症状が重度かつ継続的であると認められた場合には、1か月あたりに負担すべき医療費の上限が、20,000円となります。

この自立支援制度は、市町村の窓口で申請をすることができます。

またその申請が正式に認められた場合、医療費の自己負担額は原則として1割に減額されます。

病院によってはソーシャルワーカーやカウンセラー等によってこの制度を紹介してもらえる場合もありますので、治療費に関して不安を抱えている方は、うつ病の専門の病院において自立支援制度のことについて相談してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ